化粧の仕方で印象を変える

高校生くらいまでは化粧をしてはいけない、という校則を設けている高校も多いと思いますが、社会人になるにあたりノーメイクはむしろご法度になってしまうことに驚きを覚えた人もいるのではないでしょうか。かといって大学や専門学校でメイクの仕方を習うわけでもなく、就職活動の時期になるとスーツを着て、皆それとなく化粧をし始めます。分からないときには雑誌を自分で買ったり友達同士で情報交換をしたりしながら、そこは試行錯誤をしながら、ということもあるかと思います。基本的には濃すぎないように、でもメイクをしていると分かることが重要であるようです。要は人から見られることを意識しているか、身だしなみがちゃんとしているかということに繋がります。ナチュラルメイクが基本、となっていても、その企業によって求められている人材というのは違ってくるので、それもしっかり考えていかなければなりません。極端な話、IT業界のように若い人が多い場合は化粧もネイルもある程度自由で服装もオフィスカジュアルで大丈夫であることが多いですが、反対に銀行職員や公務員などは色々な年代層の人に対応しなくてはならないので万人受けする格好、化粧でなくてはいけません。丸の内OLと呼ばれる人たちも派手ではなくしっかりとした、それでいて女性らしいというイメージを保つことが求められます。看護師さんなんかは、清潔感があって、優しい雰囲気になるようにしているんでしょうね。そうした雰囲気を出すのにもある程度メイクの技術というのは必要になってくるのですが、就活セミナーではそれこそ化粧品メーカーが主催するメイク講座などもあったりするので、就活生はぜひ利用してみるのもいいと思います。また、やはり一番はプロに聞くことなので化粧売り場の美容販売員に聞いてみるのがいいかもしれません。あとはインターネットのサイトや動画を見て、練習するかですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です